ネイルサロンのメニューをお得に使う方法

ネイルサロンはオシャレなネイルを施術してもらうのに最適ですが、少し高いのがネックに感じている人もいます。一度の施術で5000円〜10000円ほどはかかる場合が多く、決して安くはないですよね。そのため、節約しようとセルフで済ませる人も増えています。
そこで今回は、ネイルサロンのメニューをお得に使う方法をご紹介したいと思います。

 

お得な定額コースをオーダーしよう

 

ネイルサロンでオーダーする際、お店によって料金もメニューも違うので困ることがあります。一般的には、ベースのデザインを決めて、そこに加えたアートやパーツによって加算されていくため、予算オーバーになってしまうことも。予算を重視すると希望のデザインが叶わず、思うとおりにならないということもあります。

 

しかし最近のネイルサロンでは、メニューの中に「定額コース」を設けているお店も増えています。このメニューは、用意されているサンプルの中から自由に選び、一定の金額で施術してもらえるもの。シンプル系なら3000円程度から、派手めなら7000円前後とデザインが凝っているとそれだけ価格も上がるようになっています。
シンプルなグラデーションやワンカラーなどをオーダーするなら最安の定額メニューがおすすめ。オフィス勤務で指先を派手にできない人や主婦など、シンプル系を好む人には最適と言えるでしょう。

 

また、サンプルから選ぶのではなく、時間によって定額になっている場合もあります。このメニューは60分や90分の時間設定がされており、時間内で済むものならデザインは自由になっていることが多く、好みの仕上がりになりやすいメニューです。デザインによっては時間内で収まらないものもあるので、事前にネイリストへ確認してから施術してもらうと安心ですよ。

 

http://www.i-nails-co.jp/shibuya/

 

やり放題メニューを使ってお得に個性派ネイルへ

 

カラーやデザインが派手な個性的なネイルをオーダーするのなら「やり放題メニュー」のあるネイルサロンを利用しましょう。やり放題メニューも定額コースと同じように決まった価格で施術できるメニューです。
通常メニューではカラー変更・パーツの追加・デザイン変更などをオーダーすると別途加算されることもありますが、やり放題メニューならほとんどがコミコミでの価格。普通にオーダーするよりも安く仕上げてもらえます。

 

沢山の色やパーツを使うデザインの場合は「カラー何色でもOK」「パーツ乗せ放題」「ストーン使い放題」などの記述があるネイルサロンに行くと安心ですね。ネイルサロンによっては、ストーンは高級なスワロフスキーしか使用しないお店もあり、こういったネイルサロンではストーン1粒でも追加料金が発生します。
メニューの細かい部分ではありますが、追加料金の有無や定額で済ませられるかどうかも確認しておくとお得に施術を受けられますよ。

 

オフ料金を節約するコツ

 

ネイルサロンでは、現在のネイルを除去するのにもお金がかかります。「オフ」と言って、新しくデザインを乗せるために今のネイルを外すことを指すのですが、基本的に他のお店で施術したデザインをオフするのは有料です。オフ料金だけでも数千円が必要なので、いくら定額メニューをオーダーしてもオフの料金は加算されてしまいます。

 

この時、少しでもオフ料金を安くするには「ソフトジェル」で施術してもらうのがおすすめ。溶剤で除去できない「ハードジェル」やオフが簡単ではない「スカルプチュア」の場合、オフの料金は高くなってしまいます。逆に、簡単にオフできるソフトジェルは安くオフできるので、行きつけのネイルサロンが決まっていない場合はソフトジェルで施術してもらうのがおすすめです。

 

付け替えオフ無料のサービスを活用しよう

 

上記でご紹介したように、ジェルネイル・スカルプチュアネイルのオフは有料のことが多くなります。しかし、同じネイルサロンへ通うと付け替えオフが無料になることが多く、デザインの施術料金のみで済むようになります。

 

付け替えオフとは、そのお店で施術してもらったネイルを新しいデザインにするためのオフ料金は無料というサービスで、リピーターになれば毎回オフ料金を支払わずに済むもの。2回目以降からは無料でオフしてもらえるので、できればネイルサロンは1カ所に絞ってリピーターになった方がいいでしょう。
次もこのお店に通うかわからないという場合、ソフトジェルで仕上げてもらうほか「新規の方に限りオフ無料」と記載のあるネイルサロンへ行くのがおすすめ。

 

初めて来店した人ならオフを無料で行うというサービスで、初回は無料で行ってくれます。このサービスを使えばお得にデザイン変更をすることができます。

 

まとめ

 

ネイルサロンはお店ごとにサービスも料金も違いますよね。
特に施術代金は1番気になるところなので、あらかじめネイルサロンのホームページなどで料金を確認してから予約するといいでしょう。希望しているデザインを電話で伝えて大体の予算を聞くのもおすすめですよ。

 

セルフジェルネイルをネイルサロンクオリティに!

セルフでジェルネイルを行った時「ネイルサロンみたいにキレイじゃない」と思ったことありませんか?
ネイルサロンではプロが行ってくれるので技術力に違いが出るのは当然ですが、それでも上手に楽しみたいものですよね。
そこで、セルフでもネイルサロン並みのクオリティに仕上げる方法をご紹介。少しのコツで仕上がりに変化の出る方法を公開します。

 

ツヤはジェルの命!ツヤツヤにしてネイルサロン風に!

 

ネイルサロンとセルフジェルネイルの大きな違いは、仕上がりのツヤです。ネイルサロンで仕上げた爪は濡れたようにツヤツヤしており、このツヤこそジェルネイルならではの最大の魅力。
ところが、セルフジェルネイルではこのツヤがイマイチで、仕上がりに納得いかないことも少なくありません。

 

ツヤが上手に出せない原因は、硬化時間の不足です。ジェルにはUVライト・LEDライトの2種類があり、UVライトの方がLEDライトよりも硬化時間が長めに設定されます。
まずは使用しているジェルとライトを確認して、硬化時間が不足していないか確認しましょう。特に爪のサイドなどはライトの光が届きにくいので、表面を硬化させたら指を傾けてサイドもしっかり硬化させると安心です。

 

筆を1本で済ませないことも大切!

 

セルフジェルネイルで使用している筆が1本(1種類)だけという人は意外に多いもの。じつはこれも仕上がりを悪くする原因です。
ネイルサロンでは、アートの種類や塗るジェルによって筆を変えています。細いラインを描くときにはアートブラシ、全体にジェルを塗るときはスクエアブラシ、フレンチやグラデーションの時にはフレンチブラシと言ったように、用途が変わるのが特徴。

 

本格的なプロ用でなくてもいいので、筆の種類を揃えてプロと同じ使い方を真似してみるといいでしょう。デザインの仕上がりが違うのはもちろんですが、1本の筆でジェルネイルを行うと、カラーを変えるたびにブラシクリーナーで洗わなくてはなりません。うまく洗えていないと色が混じってしまう原因にもなるので、種類を揃えて用途別に使い分けてみてください。

 

施術前の下処理を怠らないこと!

 

セルフジェルネイルをキレイに保つ秘訣は、アートを施す前の下処理にかかってきます。きちんと甘皮を除去する・爪の表面に軽くやすりをかける・必要ならプライマーを塗るなど、工程を守って行いましょう。この工程を怠ると、1週間ほどで根元の部分やサイドから浮いてきてしまいます。浮いてきたジェルを放置するのはトラブルの原因なので、浮いたら素早くお直しするか外してしまわなければなりません。

 

せっかくのジェルを短期間しか楽しめないのは意味がないですし、頻繁にジェルのオンオフを繰り返すのも自爪にとって悪影響です。キレイなままで長期間楽しむためには下処理をしっかり行いましょう。

 

剥がれやすい箇所にはジェルをしっかり塗ろう

 

セルフジェルが剥がれやすい原因の1つに、ネイリストのように隅々までジェルを塗れていないことがあげられます。表面を覆っただけではジェルは簡単に剥がれてしまうので、サイドや先端にも気を配って塗りましょう。サイドは爪が振動したり、爪で物をつまんだ時に負荷がかかりやすいので浮きやすい箇所です。

 

また爪の先端や裏側も、パソコンのキーボードを打ったり物を掴む動作で剥がれやすくなっています。目立たない場所にも十分にジェルを塗ることで、今まで以上に持ちがよくなります。塗った場所がきちんと硬化するように、指を傾けてライトを当てることも忘れずに。これだけでも持ちは変わってきますよ。

 

 

 

プチプラジェルはうまく使い分けよう

 

セルフネイラーが増えてきたことで、手ごろな価格でジェルが入手できるようになりました。ワンコイン以下で購入できるジェルも多く、沢山の色を安くそろえられるメリットがありますよね。嬉しいことに、安くても発色がいいジェルも多くてセルフネイラーには魅力となっています。

 

ですが、プチプラのジェルにはプロ向けのジェルにかなわない点もあるので、うまく使い分けるのがおすすめです。
例えば、持ちを左右する「ベースジェル」、ツヤを出す「トップジェル」はプロ用を使い、カラージェルのみプチプラでそろえるといった分け方がおすすめ。カラーは発色が良ければ安くても良いので、好みの色はプチプラでそろえてもOKです。
仕上げに使うトップと自爪に直接塗るベースジェルはプロ向けに販売されているものを選べば、仕上がりがセルフとは思えない美しさになりますよ。
今までプチプラジェルのトップコートに納得がいかなかった人は、少し高いですが思い切ってプロ向けを買うことをおすすめします。

 

まとめ

 

セルフジェルネイルでもネイルサロン仕上げのような美しさにすることは可能です。そのコツはほんの少しの所に隠れているので、これまでに上手にできなかった人は今回ご紹介した方法を是非試してみてくださいね。